2021年4月5日月曜日

ボスニアンクロッシェにチャレンジ

1年以上こちらのブログを放置してしまいました。その間世の中のなんという変化! おかげさまで元気に生きておりますが、ウィルス感染対策に神経を削られますね…。

 さて、久々に作ったものメモ(といってもこれも3ヶ月前…)。書店で気になって購入した本です。

 
 「ボスニアンクロッシェのこもの」(↑Amazonへのリンク) 

私のかぎ針編みのわずかな知識だけでも、すぐに編めてしまう簡単さ! 「畝編み」と「筋編み」の組み合わせで、棒針編みのようなそうでもないような、それでいてしっかりした編み地ができあがります。斜行するので、あえて生かしたデザインが多め 。

普通のかぎ針でも編めますが、棒針でもきつめに編んでしまう私は、針の先が通らず四苦八苦してしまい、たまらず専用針を購入しました。
iichiのボスニアンクロッシェさんアナンダさんで、計3本。アナンダさんのものは「レーナのかぎ針」として紹介されています。木製と真鍮の2種類買ってみました。木製の方は面取りを自分でできるようヤスリつき。↓こちらは届いたばかりの状態ですが、後でフックをひっかけやすい形にカスタマイズしました。




専用針でゆるめに編んでいくと、編みやすさが段違いで、私はフランス式で編むためスピードもだいぶ上がりました。編み込みは渡り糸をゆるくゆるく…。それでも指定のゲージよりきつめになってしまうので、ゆるく編む練習をせねば。





掲載のパターンから完成できたものはこちら。「バイカラースヌード」です。仕様では白いパートがもう少し短いのですが、2色を同じ高さになるまで編みました(白い毛糸が余っていたので…)。
棒針で編むより編み目がそろいませんでしたが、一応完成したので満足です。
そしてこのスヌード、二重にして首にかけるととても温かい! 1枚でも厚みがあるというのに…。
そして何より編み地がとても気に入ってしまいまして、素朴な感じがたまりません。使う糸も少し太めが良さそうですし、以前買い込んだ並太糸を消費するのにちょうど良いのです。
マイナーな編み方ゆえに、そそるものもあります(笑)。
 札幌も長い冬が終わり、やっと春。これから太めの毛糸で編むことは減りますが、また来季のためにこの編み方を知っていて良かったかもと思います。次の冬にボスにアンクロッシェの靴下を編む予定、と忘れないように書いておきます。

2019年11月25日月曜日

冬のニットバッグとプロジェクトバッグ

麻ひもで冬に使えるバッグを作りました。



編み図:なし
糸:コクヨ 麻ひも(白)
針:Knit Pro 輪針(5.50mm)

麻ひもの冬バッグ? 夏物じゃないの? と思うでしょうが(私も最初はかぎ針で編む夏バッグだけをイメージしていました)、今回使っている「白」はオフホワイトで一見するとウールの毛糸のようで、ナチュラルカラーのいかにも「麻ひも」とは雰囲気が変わります。かぎ針で編んだ夏物と比べると素材の感じも違って見えますね。
メリヤス編みなのに丈夫で伸びないのが良いです!

マチ付きですが、編んで作ったマチではなく、縫いつけています。底と角が丈夫になるメリットもありますし、簡単にできるのです。
使用したのは5.50mmの付け替え輪針。USサイズの9号で、日本サイズは5.40mmの11号が近いです。正直このメタル針+ケーブルという組み合わせでなかったら編むのはきつい…。糸は硬いし、輪に編むので、竹の針だと曲がりそうです。

もっと大きいサイズで作りたかったですが、くじけると完成しないのでこの辺で…。
ツイルの内布と市販のテープで持ち手をつけ、なかなか使い勝手の良いバッグになりました。



ラムズイヤーさんの灯台ブローチをつけてみました。



もうひとつ、編みかけを入れたり持ち運んだりする「プロジェクトバッグ」、だいぶ前に作って使っていたのですが、外出時にバッグに入らないとき持ち手がないと不便だったため、革の持ち手をつけてバッグらしい形にしました。
持ち手を付けたら使い勝手が格段に向上! なぜ最初からそうしなかったのか…。



作り方はとても簡単ですが、しっかりした生地を使い隠しマチもあるため自立します。使うときは口を外に折り返すのでどんでん返しで内布をつけて見栄えを良くしました。
ただ思いつきで作ったためスナップなどの留め具はついていないし、改良してまた作るかも(なにしろ簡単なので!)。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 棒針編みへ
にほんブログ村

2019年8月12日月曜日

COCO2枚目。今度はリボンタイプ




パターン:pattern shop muni 「COCO」(140サイズ)
生地:シャーティング nina ソェポェ(購入店:服地・布地のマツケ)、綿キャンブリック

前回ギャザータイプのオープン袖で作ったパターンですが、当初リボンタイプを作りたかったので再挑戦。今回も布帛です(なんとなく、夏には夏柄の生地で作りたい)。

この生地、シャーティングなので目は細かくありませんが、細いラインで描かれた花が可愛らしく、大人でも子供でも使えるデザインです。色も中間色できれい。ソフリー加工がしてあるため柔らかく、薄手で縫いやすい生地でした。肩のリボンとバイアス布は綿キャンブリックを使っています。

ギャザータイプと異なるのはリボン部分と袖ぐりのバイアス始末。ここは仕様を見ていまいち確信が得られず、またもmuniさんのInstagramで詳細を確認しました。こういうところはネットの型紙屋さんは対応が親切なショップが多いと感じます。

普通にリボンを結ぶとオープン袖になるのですが、袖をまとめて結ぶこともでき、フレアー袖になるのです。このアイディアすごい…。流行の形であり、かつ流行が終わっても使える型紙というのはなかなかないと思います。リボンがデザイン性と実用性を兼ねているのも女の子の服にはうれしいし、身頃は幅があるので涼しく脱ぎ着が楽。このサイズで来年も作れる感じ。



↑結び方を変えてもかわいい!

今年の夏は東京へは帰省しなかったので、服も札幌の夏に合わせた感じになりました。お盆を過ぎるともう秋…気分は冬物ですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年8月3日土曜日

スイカ柄のCOCO:いきなり裁断ミス…

夏休みに入り、札幌も暑い日が続いています。夏限定なプリント生地で娘の服を縫いました。



パターン:pattern shop muni 「COCO」(140サイズ)
生地:シーチング

リボンタイプ、ギャザータイプ、オープン袖orギャザー袖のバリエーションが選べるパターンです。布帛・ニットどちらでも製作可! 
オープンショルダーって流行ですけど、肩がバクッと開くのはどうもなあ…と思っていたので、リボンタイプの控えめな開き具合はツボでした。パターンの説明にもありますが、流行が終わっても着られるデザインなのが良いです。

布帛のリボンタイプで作るつもりで裁断を始めましたが、途中で大変なミスをしたことに気がつきました…。前身頃の上下をつないで裁断するところを、別々に裁ってしまっていたのです…(涙)。
生地はぎりぎりなので、これはもうギャザータイプに変更するしか方法がありません。うーん、リボンタイプ作りたかったなあ。

とにかく進めようと縫い始めましたが、バイアス布を縫い付けるところで「?」となってしまいました。確かmuniさんのInstagramで縫い方説明があったはず、と投稿を辿ってみると、バイアス布は2つ折りにしたまま縫い付けるとわかり、納得。折ったあとで広げて縫うケースが多いので、先入観で考えてしまっていました。
バイアス布ごと肩を縫うというのも斬新で、一度分かれば簡単に、しかもきれいに仕上がる方法です。

オープン袖にはゴムを入れて、袖が下がらないように工夫がされています。これなら肩が開きすぎなくて安心です!

そして胸元のギャザーですが、別布を使うといかにも切り替えがある感じなのでやめまして、共布で。胸元が気になる時期の女子にとっては、ふわっと隠してくれるのでこれまた安心!
みんなが着ているからと、安易に既製品を買わなくてよかったと思います。

今回はシーチングを使ったのでやや張りが出て、袖も広がり気味ですが、スイカ柄と相まってすごい存在感に…(笑)。ちょっとリアルに描かれたプリントなのであまり子供っぽくもならず、娘には好評でした。

さて、やっぱりリボンタイプも作りたいので次回再挑戦です。


↑ゴムのおかげで適度な開きになるオープン袖


↑後ろもゴム入りなので脱ぎ着が楽です

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年6月9日日曜日

手染めグラデーション糸でGinkgo Shoulderette Shawl

TwitterのKAL参加作品です。

編み図:Ginkgo Shoulderette Shawl pattern by Maggie Magali
糸: コットンウール(手染め)
針:輪針 US#7


レース編みのリピートを倍に増やしました。ほとんど繰り返しで良いのですが、中心部が少々イレギュラーになるのでチャートを書き直して編みました。Ravelryに同じようにして編んでいる方の写真が載っているのを見て、ジーッと見比べて、おかしくないか確認しつつ…(笑)。



↑模様編みに入ったところから水色に色が変わった感じ

KAL(KCAL)で春夏糸のショールを編んでいる方が他にもいたので、楽しみながら編めました。コットンウールは年中使えて便利な糸ですね。手染めのグラデーションはだいたい思い通りに色が出たので今回は満足です。何より三角ショールのパターンがRavelryには豊富で、編んでみたいものが山のように…。これは危険ですね(苦笑)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(小物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

2019年5月21日火曜日

ラグランパーカを親子で

リラ冷えという言葉があるように、ライラックの花が咲く頃は肌寒い札幌です。羽織ものを2枚並行して縫いました。



パターン:「いちばんよくわかるロックミシンの本より「キッズのラグランパーカ」(140,150サイズ)
生地(140サイズ):裏起毛 チェリッシュ(slowboat)/スパンフライス(Rick Rack )
生地(150サイズ):裏毛、スパンテレコ(購入店:生地と雑貨のお店 PERURU
ファスナー:カナリヤ

娘の方は140サイズで、ややオーバーサイズですがお尻が隠れるので重宝しています。裏起毛は暑いかもと思われましたが、気温は高くても風の冷たい日があるこの頃にはちょうどよい感じ。しかし、この生地を買ったのは3年前の5月! そのときは4ヶ月後に使うつもりで、丸3年…。1m買ったと思うのですが、足りてよかった!

自分のほうは、いつどこで買った生地か覚えておらず…。リブは後から買いました。娘のほうもこれでよかったかも。
仕様書には襟ぐりの縫い代始末はありませんが、引っ掛けるループをつけたかったのでバイアステープを作って縫い付けました。こういうところも好きな配色でできるのはハンドメイドの強みですね。


↑襟ぐりはバイアステープでカバーし、ループをつけました

完成した翌日から親子共大活躍しております。大人の方は、リブをもう少し伸ばしてもよかったかな…。ジャストサイズではあるのですが、手の甲の日よけにちょっと伸ばしたい時があるので。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



2019年5月12日日曜日

ふたたびリボンワンピース

去年も4月に縫ったリボンワンピース。これが平成最後に作ったものとなりました。




パターン:muniのロックミシンで作るこども服 より「リボンワンピース」(140サイズ)
生地:接結、スパンフライス、天竺

大きめの140サイズで型紙を写しておいたので、さすがに今年も使えます。今回も接結ちょうど1mでできました。スパンフライスはRick Rackさんのもの、リボン部分のワンピースはシルケット天竺のはぎれです。

こういう、無地のワンピースって意外と既製品には少なく、特にこういうブルーは見かけないせいか、お友達の評判が良い様子。4年生にもなると、大人っぽいデザインを好む女の子が増えて、黒やグレー率がぐんと上がりますから、適度に大人っぽく、かわいらしさもある仕上がりになったよかったです。

ウエストギャザーのゴムの縫い付けは、やっぱり結構大変でした。でもスカートの縫い代の表にゴムを縫い付けて、身頃と縫い合わせた後ロック処理するので、ゴムが完全に隠れてすっきりします。こういう処理はなるほどーと思いますね。



↑リボンの色と合うリブがなく、許容範囲で…

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ボスニアンクロッシェにチャレンジ

1年以上こちらのブログを放置してしまいました。その間世の中のなんという変化! おかげさまで元気に生きておりますが、ウィルス感染対策に神経を削られますね…。  さて、久々に作ったものメモ(といってもこれも3ヶ月前…)。書店で気になって購入した本です。    「ボスニアンクロッシ...