2019年2月9日土曜日

染色用の作業着

糸を染めるときにさっと羽織れる作業着が欲しかったので作りました。



パターン:サンプランニング「スキッパーチュニックワンピース」(Mサイズ)
生地:ブロード

エプロンにしようかとなんとなく考えていたところ、店頭のパターンコーナーでちょうど良さそうなものを発見! 生地は乾きやすいリネン混にするつもりでしたが、学生のとき愛用していたアトリエ着に似た色のブロードを見つけたのでそちらに決定。
襟は2種類から選べます。今回はAタイプにしました。

Mサイズのワンピース丈で作りましたが、セーターの上から来てちょうど良いゆったり感です。シームポケットをパッチポケットに変更して、ますます作業着っぽくなりました。
そもそもこのパターン、チュニックワンピースとはいえかなりダボっとしているし、袖口にゴム入れるというのがちょっとかっこ悪いのですよね。ゴム入れないと袖が太すぎるし、タック入れてカフス仕立てにすればお洒落になると思うのですが、初心者パターンなのでゴムなんでしょうか…。これが普段着だと思いっきり私には似合わない形なのですが、作業着としてはラグラン袖、袖口ゴムというのは機能的でポイントが高いです。膝下丈で染液がちょっと飛んだくらいならへっちゃらですし、このスモックっぽさがアトリエ着という感じで懐かしい。



それにしても、久しぶりに縫い物をした気がします。ミシンを出してきたら娘が自分の服を作るものだと思ったらしく、期待させてしまいました…。次は娘の服を作る予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

ラグランパーカを親子で

リラ冷えという言葉があるように、ライラックの花が咲く頃は肌寒い札幌です。羽織ものを2枚並行して縫いました。 パターン:「 いちばんよくわかるロックミシンの本 より「キッズのラグランパーカ」(140,150サイズ) 生地(140サイズ):裏起毛 チェリッシュ (slow...