2017年8月14日月曜日

アミアンで母の帽子

帰省中は縫い物ができないので編み物を。
今年の夏は意外と出歩いていたせいか、あまり暇がありませんでした。涼しい部屋で編み物ばかりしているかと思ったけれど、これ1点しか完成せず。
自分の帽子を母に見せたところ、同じ色の帽子が欲しいとのことで、編み図を探してみました。



編み図参考:ハマナカ あむゆーずのサイトより「シンプルクロッシェ」
糸:毛糸ピエロ アミアン
針:6号かぎ針
グログランリボン

母は私より頭囲が小さいので、編み図を参考に調整しています。ブリムの長さは母所有のヘレン・カミンスキーの帽子を測りながら合わせました。この大きさで2.5玉で完成です。
だんだん帽子を編むのも慣れて、増し目の規則がわかってきたので、最後の方はほぼ編み図を見ずに編めました。テクノロートは外周の3段に入れています。
リボンは前回使った3cm幅のグログランリボンがユザワヤで見つかったので、同じようにつけました。



↑今回はブリムが広がるように形を整えながら編んでいます

ゆっくり1週間かけて仕上げましたが、母に喜んでもらえてよかったです。やっぱりジャストサイズのものは心地いいですよね。しかし3代で同じような帽子をかぶっているというのも(一緒に外出したりしないけど)なんだか不思議な感じ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿